前髪ウィッグを自然にみせるこつ

前髪ウィッグの自然にみせるためには、まず前髪ウィッグ選びから始まります。髪を染めている人などは毛先の色と同じ色の前髪ウィッグを選ぶのではなく、根元と同じ色を選ぶようにすると良いです。
毛先と同じ色のものを選ぶと前髪につけた時、ほかの部分より明るく見えたりするからです。

前髪ウィッグのつけるときはまず、鏡を顔の真正面に持ってくることが大切です。顔より低い所に鏡を置くと鏡でみる前髪と正面からみる前髪の印象が違うからです。そして、自分のしたい位置より少し上にウィッグをつけると良いです。どうしてかと言うと、ウィッグの部分と地毛の部分を隠すために帽子や幅の太いカチューシャをつけて前髪ウィッグを押さえつけてしまうからです。

最後に帽子などをかぶった後に家族や他の人に正面からと真上から確認してもらうとより自然にみせることができます。

まとめとして、前髪ウィッグを自然にみせるには「根元と同じ色のウィッグを選ぶ。」「鏡を顔の真正面に持ってくる。」「自分のしたい位置よりも少し上にウィッグをつける。」「ウィッグの部分と地毛の部分を隠すために帽子やカチューシャをする。」「家族などに正面と真上から見てもらう。」の5つのポイントをクリアすることです。

これをクリアすれば前髪ウィッグを自然にみせることができます。

フルウィッグより安い前髪ウィッグ

フルウィッグというのは頭全体を覆う言わばカツラです。呼び方はどちらでも問題ありませんが、薄毛隠しの為や舞台で使用する場合「カツラ」と呼んだり、ファッションの一部として使用する場合は「ウィッグ」と呼んだりもします。

フルウィッグとはまた別に前髪ウィッグという物があります。前髪ウィッグは元の自分の前髪をサイドに流し、前髪にあたる部分にクリップで装着し、地毛と馴染ませると自然と違った印象になれます。装着も簡単に出来るということで大変人気のある商品です。 以前ウィッグ屋さんで品数も少なかった前髪ウィッグですが、今となっては種類も様々で色や長さのバラエティが豊富になっています。長い前髪もありますし、長さを調節したい時はカットすることも可能です。おまけに前髪ウィッグはフルウィッグに比べて面積も狭いので安価で手に入ります。

前髪を伸ばしていくと中途半端に目にかかるようになり、その時期はとても前髪を切りたくなります。そこで切ってしまうこともたくさんありますが、髪は一度切ってしまうとそんなに早くは伸びてきません。
まだまだ伸ばしたかったのにという公開も前髪ウィッグは叶えてくれます。気分転換に前髪を作り自然なイメチェンをしたいという方にピッタリです。前髪ウィッグ自然つむじ付きサイドありが最近私のブームです。

クセや薄毛の悩みにも前髪ウィッグは役に立つ

最近のウィッグは完成度が高く、つけ心地も良くなり再び若者の間でも人気が復活しています。 特に、手軽にイメチェン出来ることから人気になっているのが前髪ウィッグです。 以前はカラーも種類が少なく着用しても不自然になりがちでしたが、最近は毛質も良くなり、装着もピンを留めるだけの簡単なものが多く、ウィッ

前髪の印象でクールにもミステリアスにも見える

前髪はその人の顔の印象を決めるうえで、重要な役割をしています。 例えば、眉より短く揃えた前髪は元気な印象を、長く伸ばした前髪をサイドに流すとよりクールに、片目を隠してミステリアスに、なんてのもアリかと思います。 だからこそ前髪ウィッグは手軽に、簡単に印象を変えることができる、女性のマストアイテム

前髪ウィッグで人気は境目を目立たなく自然にできるもの

前髪ウィッグで困るのが、ウィッグと自毛との境目がやけに目立ってしまうことです。 つなぎ目、段差も目立つことがあります。 ある意味自毛とウィッグのツヤや質感が違うのも当たり前ですし、毛の太さも違うともなると、境目からぱっと切り替わる感じになります。 この境目の不自然な部分を隠す方法、目立たなくす

前髪ウィッグもやっぱりナチュラルなのでないと無理

お気に入りの洋服を着ていても、髪型が決まらないと外出するのも気が乗らないときがあります。 そんなときによくウィッグを利用しています。 ウィッグの種類も数種類揃えていて、いろいろな場面で使えるようにしています。 例えばちょっとそこまでお出かけという時にはラフな感じのものを付け、パーティーなどの華

PAGE TOP ↑