前髪ウィッグもやっぱりナチュラルなのでないと無理

お気に入りの洋服を着ていても、髪型が決まらないと外出するのも気が乗らないときがあります。
そんなときによくウィッグを利用しています。
ウィッグの種類も数種類揃えていて、いろいろな場面で使えるようにしています。
例えばちょっとそこまでお出かけという時にはラフな感じのものを付け、パーティーなどの華やかな場所に出向くときには、少し豪華な感じに見える物を付けたりします。
普段ウィッグを付けていない時は、セミロングぐらいの長さで少しくせがあるので大抵は束ねてしまっています。
その時の気分で髪型を変えたい時もあるのですが、以前はなかなか思うようにセットできなくて、その日は一日気分が憂鬱といった時もありました。
でも、今自分が使っているウィッグは自分の髪に近い感じで、とても自然に見えます。
やはりパッと見たときに付けてる感じが出てしまうととても気になりますが、この自然に見えるウィッグはとても重宝しています。
仕事の後でデートに向かう時など、女性は化粧直しをしますが、同じようにウィッグを付け替えれば気分も切り替えられるのではないかと思います。
自然に見えるということはとても重要で、煩わしさを取り除いてくれるのでとても気に入って使っています。

さて、前髪ウィッグについてですが、部分のウィッグの中にはポニテや襟足だけのもありますが、それらと比べてもカラー、質感、そういったこともきちんと考えて選んだほうがいいでしょう。
正面から見て、前髪とトップのボリューム感や色、光沢に明らかな違いがあったら、目のやり場に困ります。
襟足だけなら、それほど目立たないでしょうけど、前髪となると、かなり注目される部分ですからね。

ではなにをもってナチュラル、自然というか。それは自毛とどれくらい馴染むかということに尽きるのではないでしょうか。
自分の毛とは違う毛を混ぜますから、突然毛質が変わってたら、誰がみてもおかしいです。
あまりにも安い前髪ウィッグを着けるより、安心できるブランドのを選んだほうが後々着け安いでしょうね。

関連記事

前髪ウィッグで人気は境目を目立たなく自然にできるもの

前髪ウィッグで困るのが、ウィッグと自毛との境目がやけに目立ってしまうことです。 つなぎ目、段差も目

前髪の印象でクールにもミステリアスにも見える

前髪はその人の顔の印象を決めるうえで、重要な役割をしています。 例えば、眉より短く揃えた前髪は元気

クセや薄毛の悩みにも前髪ウィッグは役に立つ

最近のウィッグは完成度が高く、つけ心地も良くなり再び若者の間でも人気が復活しています。 特に、手軽

前髪ウィッグオンリーな生活も悪くない

前髪ウィッグってかなり使いやすいと思ってる。だから今はそれだけでもいいかなと。 髪の毛の関すること

ウィッグはいかに楽に被れる?短時間で判断は難しい

プリシラの「めちゃ楽エクステ」にも新ファイバー! 時間もないし夏は暑いしフルウィッグはきついと思う

PAGE TOP ↑